「雪は降っては溶ける」を何度も繰り返し、気温が上がらなくなって溶ける回数が減り、降り積もる回数が上回るようになると、戸隠高原も根雪になり、本格的冬シーズンを迎えます。
本格的冬の訪れとともに越水ヶ原のクマイザサもたくさんの雪に埋もれ、雪に守られて厳しい戸隠の冬を過ごします。ササの葉や芽の耐寒性や耐凍性は良くないそうです。もし雪の上に出てしまったら葉は白く脱色し芽も枯れてしまいます。
長野県北部のフジりんごの今年の出来は大きな災害もなく育ち、蜜もいっぱい入り全体的に美味しい出来上がりになったようです。ペクチンを多く含み「一日一個のりんごで医者いらず」と言われています。青空にヒメリンゴの真っ赤なかたまり 思わずシャッターを切りました。
玄関先のハーブ アルケミラモーリスに今年は敷きワラを敷いてあげました。少しでも暖かくして冬を越せるといいですね!
戸隠高原から遠くに見える北アルプスも真っ白に雪がかぶり、本格的冬シーズンを迎えました。白さが一段と際立つ時期です。
戸隠スキー場も今シーズンより長野市から長野市開発公社へと運営が移管されました。12月19日(土)にスキー場OPENします。今シーズン戸隠での雪遊びに是非お出かけ下さい。スノーマシンも動き始めました。