秋風が吹き、日当たりの良い草原にリンドウが鮮やかに咲き始めました。昭和41年に長野県の県花に指定されました。戸隠の村花はそばの花です。
くりぬき小箱の土屋さんがプレゼントしてくれたけやきのかんばんが、お客様に好評です。先日しその実の種子を絞った「紫蘇油」をかんばんに塗りました。
今年はミズナラのドングリが豊作です。動物たちもきっと喜んで食べていることでしょう。役場周辺の民家のクリも出来が良いそうです。実りの秋の始まりです。
春に今までと違った花(ランタナ、アメリカンブルー、ネメシア、マンデビラ)などを植えました。それぞれ元気に育っています。が中でもランタナ(七変化)も一段ときれいな花を長く咲かせています。
期間限定フレッシュ便で届いた北海道沖で採れた「初さんま」七輪を物置から引っ張り出し、ミズナラの炭でジュ〜。これしかないですよね!
戸隠連峰も落ち着いた秋の佇まいになってきました。9月下旬になると紅葉のシーズンが始まります。